宇宙・先端分野 / T.M.


柔軟な社風に惹かれました。


「宇宙分野の研究開発に携わる仕事がしたい。」そんな想いのもと、就職活動をはじめたのですが、セックは「宇宙」というキーワードで求人情報を検索する中で、偶然ヒットした会社のうちの一社でした。しかし、就職活動当時、海外の大学院の博士後期課程の学生だったこともあって、日本に滞在できる日数は限られていました。

 

「一般的な手順を踏んでいたのでは、自分にピッタリな会社には、到底出会えっこない!」そう考えた私は、日数が限られているという事情とともに自分の経歴、研究内容、仕事を通じて実現したい事柄などを伝える資料を作成して、各社の採用担当者宛に直接メールを送信。イレギュラーな方法ですが、そんな私にチャンスを与えてくれる会社を探したのです。その中で最も丁寧で、柔軟に対応してくれたのが、セック。この会社であれば社員一人ひとりを大切にしてくれるのではないか。自分のやりたいことを実現できるのではないか。そんな想いをもって、入社を決意しました。

 

入社後は、宇宙衛星の地上システムやロボット関連のシステムなどを開発。3年に渡ってJAXAへの出向も経験させてもらいました。次世代コンピュータ技術の開発に取り組む今、二児の母として子育てにも奮闘中。エンジニアとして開発を楽しむだけでなく、プライベートも大切にしながら働いています。就職活動の時、「この会社なら…」という直感は、間違っていなかったなと思います。