ロボット分野 / R.K.

 

SFのようにロボットが息づく、未来を。

ずっと、ロボットが大好きでした。学生時代は、ロボコンやロボカップに参加し、大会で上位に入賞したこともありました。大学時代も機械工学を専攻。セックに入社した理由もシンプルで、ロボットを仕事にできるからです。入社後の印象深いプロジェクトとして、早稲田大学と共同研究を行ったロボットとAIの統合開発環境(IDE)の開発がありますね。

 

近年、ロボットとAIは、いずれも世の中で注目を浴びている分野。それぞれのスペシャリストはたくさんいますが、両方の専門知識を持ち合わせている方は、まだまだ多くはありません。このIDEはそんな「ロボットとAIの橋渡し」になるもの。このツールを利用すれば、どちらか一方の知識しかなかったとしても、両方を組み合わせた研究ができる。研究成果は毎年学会や学会誌で発表。幾度か優秀講演賞もいただきました。現在は開発も一段落して、このIDEをオープンソースで提供を開始。ロボットとAIの業界の発展、世の中の進展につながっていくと確信しています。

 

最近は、自律移動ロボットやレストランで注文を受け付ける人型のサービスロボットなどの研究開発を担当。ロボットが好きで入社して、毎日、好きなことを楽しんで帰っている。ただただ、仕事が面白くて…(笑)。良い環境だと思います。SFみたいに、ロボットと人が当たり前に共存している。そんな世界をつくりたいですね。セックのエンジニアは、システムをつくるだけでなく、ビジネスや市場、世の中の常識をつくることできる。それがセックで働く大きな魅力です。