それまで不可能だったことが可能になる。「イノベーションは成長の源泉」とするセックにとって、研究開発はあらゆる活動のベースとなるものです。今後もより多くの経営資源を研究開発に振り向けることで、主体的なビジネスを展開していきます。

 

 

QCD &I = Customer Satisfaction

最高のお客様満足度を実現するために

セックは「QCD(品質・価格・納期)を窮め、I(イノベーション)で飛躍する」をビジネスコンセプトとして、お客様中心ビジネスを推進しています。創業以来、'New Element to New System' を標語のもと、新しい何かNew Element を常に先回りして準備し、New System の実現につなげることで、お客様満足度を追求してきました。このNew Element を予測し、供給する活動が研究開発です。

 

研究開発テーマ

「ユビキタス」を研究開発テーマとし、ユビキタスを具現化した「IoT」(MRなど)、IoT のキーテクノロジである「AI(人工知能)」、IoT の究極の端末である「ロボット」の3 つを重点テーマとして取り組んでいます。大学や国の研究機関との共同研究を積極的に推進しています。

重点テーマのひとつであるロボットについて、標準化技術、機能安全、高付加価値化への取り組みをご紹介します。

重点テーマのひとつであるAI(人工知能)に関する研究開発についてご紹介します。

重点テーマであるIoT のエッジ技術として、デジタル世界と現実世界を融合するための技術MR(Mixed Reality)についてご紹介します。

研究開発成果

研究開発の積み重ねによって生まれた、リアルタイムソリューション製品を提供しています。

屋内自律移動ロボットソフトウェア
Rtino(アルティノ)

コンピュータビジョンソフトウェア
Rtrilo(アールトリロ)

機能安全対応RTミドルウェア
RTMSafety(RTM セーフティ)