NEDO次世代ロボット知能化技術開発プロジェクト

NEDOからの委託事業「次世代ロボット知能化技術開発プロジェクト」において、ロボット知能ソフトウェアプラットフォームとして、ロボットシステムを効率的に構築するためのRTミドルウェアやツールの開発を行いました。

OpenRT Platform

様々なロボットに導入できるよう、用途に合わせ、多様なRTミドルウェアを開発・提供しています。

  • ユーザユーザインタフェースやアプリケーションに適したRTミドルウェア(エンタープライズ層)
  • ロボットのリアルタイム制御や信頼性・安全性を実現するRTミドルウェア(ロボット層)
  • センサや環境などへの組込みを考慮した軽量なRTミドルウェア(エンベデッド/デバイス層)
RT-Middleware Lineup

レーザレンジファインダやネットワークカメラなど、知能ロボットシステムでよく利用される各種センサをRTミドルウェア対応のロボットシステムで利用可能なようにモジュール(RTコンポーネント)化しています。 様々なロボットシステムで利用されている各種センサをモジュール化することで、ロボットシステムの開発効率の向上が期待できます。センサ種別毎に共通インタフェースを定義しているため、センサモジュールのバージョンアップ、交換も容易です。

Sensor RTC

「次世代ロボット知能化技術開発プロジェクト」の成果は、 こちら よりダウンロードが可能です。