チャンスは蓄積できない

image

常に世界初、日本初を追いかける。
だから、僕らの毎日は
問題解決の連続です。

image

他のソフトウェア会社が、
「不可能」と判断したプロジェクト
こそ、
セックの出番。

image

エンジニアは世の中を変えることが
できる。
1行のバグを恐れ、
謙虚であり続けなければならない。

image

善きソフトウェアが、世の中の
不合理・不条理・不幸・不善を食べて、
明日を今日よりも善くしていく。
それが私たちの事業です。

image

仕事も大切。
家族も大切。
だから、その両方を欲張るんです。

image

「メイド・イン・ジャパン」が
全世界で信頼されるように、
セックを世界中に知られる
「安心」のブランドに。

image

プロジェクト完了後、
お客様と飲むビールは格別。
この世の何よりも、
美味しいんじゃないかな。

image

セックにギブアップはない!

image

顧客の期待に応えているようではいけない。
顧客が期待する以上、
桁違いのイノベーションを提供しよう。

image

好奇心を持ち、自分で考えること。
遊び心が変革をうむ。

image

やるべきと思ったことは全てやる。
後悔したくないだろう?

image

「システム工学のコンサルタント」
という社名を掲げる私たちは、
モノづくりをリードする存在
でなければならない。

image

「うちの子をよろしくお願いします」
スマートフォンを手にした人を見ると、
いつも心の中で唱えています。

image

困難は、必ず乗り越えられる。
乗り越えて成長していく。

image

お客様の要望であっても、
ためにならないと思ったら決してつくらない。
それが、真の顧客目線というものだ。

image

能力開発に限りはない。
何歳になっても可能性を信じて、
成長を続けることが大切だ。

image

ソフトウェアは、
人と向き合い、人と人のつながりで
創りあげていくものです。

image

納得できなければ、
相手が誰でもとことん議論できる。
その懐の大きさ、
自由度がセックだと思う。

image

プロジェクトのたびに、
メンバーと一緒にドキドキし、
一体感を味わえる。
その瞬間、瞬間が貴重な財産です。

image

ロマンとか、夢とか、
軽視されがちな世の中ですが、
そういうものを心に持ち続けて
仕事ができることを
私は幸運だと思っています。