社会の安全と発展のために

 セックは「リアルタイム技術」を強みとするソフトウェア会社です。
 「社会の安全と発展のために」をスローガンに、先端分野、社会公共分野でソフトウェアを提供しています。
 リアルタイム技術とは「時々刻々と変化する事象と密接な相互作用を持ったコンピュータ技術」のこと。ランダムに、あるいは集中的に、再現性なく発生するさまざまな事象に対して、応答時間を保証し、信頼性を高めるこの技術を、様々な分野に適用できることが私たちの強みです。

モバイル分野(モバイルネットワークBF/インターネットBF)

IoT、ユビキタス社会を実現するソフトウェア

モバイル分野

 スマートフォンやタブレットなどモバイル機器の組込みソフトウェアと、様々なモバイルサービスを利用するためのシステムを開発しています。ネットワークを介して、いつでもどこでも、あらゆるモノと人をつなぐ技術(ユビキタス技術)で、便利で楽しく、快適な社会の実現に貢献しています。

社会基盤分野(社会基盤システムBF)

世の中をもっと便利に、安全にするソフトウェア

社会基盤分野

 車社会を便利で安全なものにする高度交通システム、医薬品や医療機器の安全対策システム、GPSを活用して人やモノの位置を把握する位置情報サービス、防衛関連システム、放送関連システム、官公庁向けシステムなど、社会公共分野のソフトウェアを開発しています。経済産業省「次世代エネルギー・社会システム実証事業」に参画するなど、環境エネルギー分野の研究開発にも取り組んでいます。

宇宙先端分野(宇宙先端システムBF)

人類の夢を叶えるソフトウェア

宇宙先端分野

 科学衛星や惑星探査機の搭載システム、大型天体望遠鏡の観測システム、観測データの解析システムなど、宇宙天文分野のソフトウェアを開発しています。公的研究機関での情報通信技術の研究開発や、スーパーコンピュータの状態管理システム、自動走行技術のソフトウェア開発など、先端分野のソフトウェアも開発しています。

ロボット

ユビキタス社会の究極の端末はロボット

ロボット

 セックは2003年からロボットの研究開発に着手し、他のソフトウェア会社に先駆けて、ロボット用ソフトウェアの開発に取り組んできました。その中で特に力を入れてきたのが、RTミドルウェアという技術です。ロボットを構成する様々な部品をつなぎあわせるプラットフォームの役割を果たすソフトウェアで、ロボットの共通化を促進し、低価格化と普及に貢献する技術として期待されています。

 セックが実現を目指しているのは、人と一緒に生活するロボット。そのためには、ロボットの安全性が不可欠です。そこでセックは、ロボット用ソフトウェアとしては世界で初めて、安全性の国際規格(IEC 61508)の認証を取得したRTミドルウェア「RTMSafety」を開発しました。経産省のロボット介護機器開発事業に参画するなど、安全で安心なロボットの実現に取り組んでいます。

 セックのロボットへの取り組みはまだまだあります。コミュニケーションロボットの開発、データセンターの巡回点検ロボット、宇宙ロボットなど。自動車の自動運転技術もロボット技術の応用です。様々なロボットの実現に、セックが果たす役割は、ますます大きくなるばかりです。