HOME
トピック&ニュース

トピック&ニュース

WOWOWの番組編成システムに「Karearea」が採用されました

2007年10月31日
株式会社セック

 株式会社セック(代表取締役社長:秋山逸志)が開発した超高速インメモリXMLデータベース「Karearea(カレアレア) V2.0」が、このたび、株式会社WOWOW(代表取締役社長:和崎信哉)内で用いられる番組編成システムに採用されました。

 製品概要:http://www.sec.co.jp/business/karearea/

 放送局では、番組編成等のため、利用率(視聴率)のデータ管理が行われています。
 株式会社WOWOWでは、デジタル化によるチャンネル数増加に伴い、利用率データも比例的に増大しました。データ増加による利用率集計処理のパフォーマンス悪化やDBへの高負荷が他業務のパフォーマンスにまで悪影響を及ぼすことが懸念されていましたが、番組編成システムの利用率集計に「Karearea」を導入することにより、データ増加によるパフォーマンス低下の不安が解消されました。

関連リンク

株式会社WOWOW
http://www.wowow.co.jp/

ニュースリリースに関するお問い合わせ先

広報担当
TEL:03-5491-4770
 

製品に関するお問い合わせ先

開発本部 プロダクトビジネス推進部(Karearea担当)
TEL:03-5491-4770

ひとつ前のページに戻る