HOME
トピック&ニュース

トピック&ニュース

デスクトップPCメーカ向けOEMベンダに「airCube」が採用されました

2007年10月11日
株式会社セック

 株式会社セック(代表取締役社長:秋山逸志)は、地上デジタル放送用組込みソフトウェア「airCube(エアキューブ)」のWindows®向けフルセグ(Aプロファイル)対応版の、デスクトップPC向け地上デジタル放送チューナーOEMベンダへの提供を開始いたしました。今回の採用はフルセグ版「airCube」として、業務用機器を除いて、初めての一般販売向け商品への提供となります。

 製品概要:http://www.sec.co.jp/business/aircube/

 「airCube」はフルセグ(Aプロファイル放送)、ワンセグ(Cプロファイル放送)、デジタルラジオ(P2プロファイル放送)のすべての地上デジタル放送に対応するデータ放送提示機能を持つハイブリッド構造を特徴としています。今回提供のWindows®向けフルセグ版「airCube」は、Windows DirectShow®テクノロジーに対応することで、WindowsR環境に広く適用可能なソフトウェアコンポーネントとなっており、今後も多くの地上デジタル放送対応PC向けに、安価に短期間で実績のあるデータ放送視聴機能を提供することが可能になります。

 

ニュースリリースに関するお問い合わせ先

広報担当
TEL:03-5491-4770
 

製品に関するお問い合わせ先

開発本部 プロダクトビジネス推進部(airCube担当)
TEL:03-5491-4770

ひとつ前のページに戻る