HOME
トピック&ニュース

トピック&ニュース

「airLook」がチューリッヒ保険会社に採用されました

2007年02月15日
株式会社セック

 株式会社セック(代表取締役社長:秋山逸志)が開発したLBS(位置情報サービス)ソリューション「airLook(エアルック)」が、チューリッヒ保険会社の、GPS(位置情報機能)を利用した自動車事故やカートラブルの際の位置確認サービス(平成19年3月下旬より提供開始予定)に採用されました。

 見知らぬ場所での自動車事故やカートラブルは、ドライバーにとって不安なことだと言われています。本サービスは、このようなドライバーの不安を低減し、位置情報をリアルタイムに通知することで、保険会社のオペレータとの会話により、ロードサービスの手配、ご家族への連絡、その他必要なアクションの確認等をワンストップで提供することにより、「安全」、「安心」をより高度にサポートするものです。

 本サービスは、他の事業者の介在なく、保険契約者と保険会社の間でのみ情報がやり取りされるため、個人情報保護の観点からも、安心して利用していただけるサービスとなっています。

 また、ドライバーは、緊急連絡の通話に先立ち、自分の現在地を知らせることが可能であるため、位置情報が通知されているオペレータと会話することで、安心感を得ることができ、落ち着いて連絡できる効果が期待できます。自動車事故やカートラブルの状況を、携帯電話に搭載されているデジタルカメラで撮影することで、さらに詳細で正確な情報を、保険会社のオペレータを通してロードサービス会社に通知することも可能になります。

 当社では、チューリッヒ保険会社へのGPSを利用した自動車事故やカートラブルの際の位置確認サービスをベースに、ロードサービス会社向け、セキュリティ会社向けに拡充したソリューションの提供を計画しています。

airLookに関して

 http://www.sec.co.jp/business/airlook/
 airLook(エアルック)は、移動体の位置情報をリアルタイムに活用するLBS(位置情報サービス)プラットフォームです。携帯電話をはじめとするGPS(全地球測位システム)を搭載した移動体のリアルタイムな位置を地理情報とともに利用し、移動体の軌跡管理や移動体間の情報共有など様々なニーズに応えます。
 airLookは位置情報の収集、分析、表示、再配信を行うサーバモジュールと、移動体から位置情報(位置、文字列情報、画像)を発信するクライアントモジュールとで構成され、開発プラットフォームとしてオープンな環境と高い柔軟性を備えています。

関連ニュース

GPS(位置情報機能)緊急通報サービス提供開始(チューリッヒ保険会社)
http://www.zurich.co.jp/aboutus/news/release/pr070322.html
「Zステッカー」サービス拡充:GPS(位置情報機能)でさらなる利便性の向上へ(チューリッヒ保険会社)
http://www.zurich.co.jp/aboutus/news/release/pr070215.html

関連リンク

チューリッヒ保険会社
http://www.zurich.co.jp/

ニュースリリースに関するお問い合わせ先

広報担当
TEL:03-5491-4770
 

製品に関するお問い合わせ先

開発本部 プロダクトビジネス推進部(airLook担当)
TEL:03-5491-4770

ひとつ前のページに戻る