HOME
トピック&ニュース

トピック&ニュース

2017国際ロボット展 出展のお知らせ

2017年11月21日
株式会社セック

 株式会社セックは、2017国際ロボット展(2017年11月29日~12月2日・東京ビッグサイト)に出展いたします。
 屋内自律移動ロボットソフトウェア「Rtino」をはじめとする当社のロボットソフトウェア関連製品と、研究成果についてご紹介いたします。ぜひ、ご来場ください。

出展のご案内

開催展名 2017国際ロボット展
http://biz.nikkan.co.jp/eve/irex/
日時2017年11月29日(水)~12月2日(土) 10:00~17:00
会場東京ビッグサイト 東6ホール SR-48
展示内容 [製品紹介] 屋内自律移動ロボットソフトウェア「Rtino」/ 「Rtino Manager」
「Rtino」はロボットの自律移動に必要な地図の自動作成機能を有した屋内自律移動ロボットソフトウェアです。オフィスや工場などのフロア内で、移動台車などを「Rtino」を使用して動作させることで、移動台車にフロア内の地図自動作成機能と自律移動機能を付加することが可能です。会場ではデモンストレーション映像をご覧いただくとともに、具体的な適用事例についてご紹介いたします。
http://www.sec.co.jp/business/rtino/index.html

[参考展示] 屋内自律移動ロボット+ ロボットアーム
屋内自律移動ロボットソフトウェア「Rtino」を搭載したロボットにアームを追加し、自律移動とアームによるピッキングを連動させるソフトウェアをご紹介します。

[参考展示] 屋内自律移動ロボット+ コンピュータビジョン
屋内自律移動ロボットソフトウェア「Rtino」を搭載したロボットにコンピュータビジョンの機能を追加し、AIによる状況認識と、その結果を自律移動ロボットの走行制御へ反映するソフトウェアをご紹介します。

[製品紹介] 機能安全対応RTミドルウェア「RTMSafety」
「RTMSafety」は機能安全の国際規格IEC 61508の認証を取得した世界初のロボット用ミドルウェアです。安全で信頼性の高いロボットを、効率よく、低コストで開発するプロセスをご提案します。
http://www.sec.co.jp/business/rtmsafety/index.html

[参考展示] 音声疲労解析ソリューション
ロボットに話しかけるだけで、音声を分析して疲労度を教えてくれる、ロボットとクラウドの連携ソリューションをご紹介します。

[参考展示] 人工知能(AI)に関する研究開発
「ロボットにも搭載可能な人工知能・機械学習プラットフォーム」(早稲田大学との共同研究)、「知能処理の回路化とロボットプラットフォームへの適用」(九州工業大学との共同研究)など、当社の人工知能(AI)に関する取り組みについて、ご紹介します。

(ご参考)NEDOブース・当社関連展示のご案内

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)ブース(東6ホール・SR-09)に、当社の「RTMSafety」が搭載された移動型プラットフォームロボットが展示されます。NEDOの「ロボット活用型市場化適用技術開発プロジェクト」にて、「ロボット開発を促進するソフトウェアプラットフォーム」をテーマに日本品質保証機構と産業技術総合研究所が研究開発を進めているものです。

ニュースリリースに関するお問い合わせ先

広報担当
TEL:03-5491-4770

ひとつ前のページに戻る