HOME
トピック&ニュース

トピック&ニュース

屋内自律移動ロボットソフトウェア「Rtino」(アルティノ)を発売開始

2017年05月25日
株式会社セック

 株式会社セック(代表取締役社長:秋山逸志)は、屋内自律移動ロボットソフトウェア「Rtino」(アルティノ)(*1)の発売を本日より開始します。
 「Rtino」は、ロボットの自律移動に必要な地図の自動作成機能を有した屋内自律移動ロボットソフトウェアです。オフィスや工場などのフロア内で、移動台車などを「Rtino」を使用して動作させることで、移動台車にフロア内の地図自動作成機能と自律移動機能を付加することが可能です。環境計測や監視、運搬、清掃などの業務を担う自律移動ロボットに適用できます。
 (*1) 「Rtino」は商標登録申請中です。

「Rtino」の特徴 - 環境変化で止まらないロボット

 従来の自律移動ロボットは、利用者があらかじめリモコンなどでロボットを操作して、地図を作成しておく必要がありました。また、ロボットの移動ルートに障害物が生じると、ロボットが動作を停止してしまうという問題点がありました。「Rtino」は地図自動作成機能と自律移動機能を連携させることで、これらの課題を解決し、「環境変化で止まらないロボット」を実現します。

  • ・ 利用者の操作を介することなく、フロア内の地図を自動作成します。
  • ・ 移動ルート上に障害物が生じても、回避して移動を継続します。
  • ・ フロアのレイアウト変更に対しては、速やかに地図を再作成し、移動を継続します。
  • ・ 専用レールや走行ガイドの設置工事が不要です。

「Rtino」の適用シーン

 「Rtino」で移動台車などの移動対象を動作させ、地図自動作成機能と自律移動機能を移動対象に付与することが、本製品のサービス内容です。以下のようなシーンでご利用いただけます。

  • ・ 工場内の無人搬送車(AGV)などを、指定された地点まで障害物を避けるなどしながら自律移動させることができるようになります。
  • ・ 「Rtino」で作成した地図に計測点を設定することで、自律移動ロボットがフロア内の環境計測を全自動で実行することができるようになります。
  • ・ 定期的な監視業務を自動化したり、緊急時に任意の場所にロボットを移動させたり、監視業務の一旦を自律移動ロボットに担わせることができるようになります。

展示会出展のご案内

 ロボットITソリューション展(2017年6月8日~9日、インテックス大阪)に、「Rtino」を出展します。
 詳細は下記のリンクをご参照ください。
 http://www.srobo.jp/

製品に関するお問い合わせ先

株式会社セック 企画営業部 「Rtino」(アルティノ)担当
TEL:03-5491-4770

 ※ 製品ページは近日中に公開する予定です。製品についての詳細はこちらまでお問い合わせください。

ニュースリリースに関するお問い合わせ先

広報担当
TEL:03-5491-4770

ひとつ前のページに戻る