HOME
トピック&ニュース

トピック&ニュース

豊橋技術科学大学・工学部にて組込システムの講義を担当します

2016年 3月22日
株式会社セック

 国立大学法人 豊橋技術科学大学にて、当社の宇宙先端システム分野の主要エンジニアである長瀬雅之が、同大学の非常勤講師として「組込システム」の講義を担当することになりました。
 人工衛星搭載システムを開発事例として取り上げ、実際の開発を体感しながら、組込システムの基礎とリアルタイム技術の理解を深めることのできる講義内容とする予定です。未来の技術者の育成に貢献してまいります。

学部・学科国立大学法人 豊橋技術科学大学 工学部 情報・知能工学課程
期間2016年度 前期(2016年4月~8月)
担当科目組込システム
内容システムの基本技術とリアルタイム技術の理解を目的とします。また、人工衛星開発を事例に組込システムの開発の実際を体感することで、基本技術の理解を深めます。
講師プロフィール長瀬雅之(株式会社セック 開発本部研究企画室長)
1985年入社。X線天文衛星「あすか」「すざく」など、入社以来、科学衛星搭載システムの開発に数多く携わる。近年は、組込システム開発の経験を活かし、ロボット用ソフトウェアの開発とRTミドルウェアの普及、ビジネス化に尽力している。

関連リンク

豊橋技術科学大学
http://www.tut.ac.jp/

ニュースリリースに関するお問い合わせ先

広報担当
TEL:03-5491-4770

ひとつ前のページに戻る