HOME
トピック&ニュース

トピック&ニュース

神奈川県「さがみロボット産業特区」の研究開発プロジェクトに参画します

2014年06月27日
株式会社セック

 株式会社セック(代表取締役社長:秋山逸志)は、神奈川県「さがみロボット産業特区」における共同研究の第1号プロジェクトである「高齢者向け在宅見守りシステム」プロジェクトに参画し、研究開発を開始しました。
 「さがみロボット産業特区」では、生活支援ロボットの共同研究開発を促進する「神奈川版オープンイノベーション」に取り組んでいます。この取り組みは、企業や大学等の技術を最適に組み合わせて最短期間での商品化を目指すものです。

プロジェクトチーム名 「高齢者向け在宅見守りシステム」チーム
テーマ 「高齢者向け在宅見守りシステム」の開発
独居高齢者が意識することなく、自然な振舞いの中で見守ることができるサービスの提供。
参画メンバー bio sync(バイオシンク)株式会社(横浜市港北区)
株式会社バイオシルバー(横浜市港北区)
株式会社ライフインフォメーションラボラトリ(横浜市港北区)
有限会社宇根元工作所(大田区)
株式会社セック(世田谷区)
株式会社富士通エフサス(川崎市中原区)
神奈川県産業技術センターロボット研究会
概要 各種センサーとICT技術を組み合わせて、独居高齢者等を見守るシステムの開発。
コールセンターとの連携によるサービスの開発。

関連リンク

神奈川県産業技術センター 産業技術センターニュース 2014 vol.1
 生活支援ロボットの研究開発プロジェクトがスタートしました!~さがみロボット産業特区への取り組み~
http://www.kanagawa-iri.jp/wp-content/uploads/filebase/news/news_vol01.pdf
さがみロボット産業特区
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f430080/
神奈川版オープンイノベーションの取組
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f430080/p674300.html

ニュースリリースに関するお問い合わせ先

広報担当
TEL:03-5491-4770

ひとつ前のページに戻る