HOME
トピック&ニュース

トピック&ニュース

産総研オープンラボ2012にてRTミドルウェア関連の展示を行います

2012年10月22日
株式会社セック

 セックは、独立行政法人産業技術総合研究所主催の産総研オープンラボ2012(2012年10月25日~26日・つくば市)にて、RTミドルウェア関連の展示を行います。

日時 2012年10月25日(木)~26日(金) 10:00~17:00(※最終日は16:30まで)
場所 独立行政法人 産業技術総合研究所 つくばセンター
つくばエクスプレス・つくば駅から無料送迎バスで15分
事前登録 入場するには、下記サイトから来場事前予約が必要です。
産総研オープンラボ2012公式ページ
展示テーマ 1. ロボカップ@ホームのオープンプラットフォーム化(玉川大学との共同展示)
2. RTMSafety - 機能安全対応RTミドルウェア
3. RTM on Android - Android対応RTミドルウェア

 詳細は産総研OpenRTM-aistの開催案内をご覧ください。
 産総研オープンラボ2012 - OpenRTM-aist

展示テーマ1: ロボカップ@ホームのオープンプラットフォーム化

ロボカップ2012世界大会ロボカップ2012世界大会(画像提供:玉川大学)

 玉川大学工学部 岡田浩之 教授とセックは、ロボカップ@ホームのオープンプラットフォーム化に取り組んでいます。
 ロボカップ@ホームは、人と共に作業するロボットが、キッチンやリビングルームなどの家庭環境において様々な課題に取り組み、その達成度を競う競技です。日本をはじめ世界各地で競技会が開催されており、2012年世界大会では玉川大学をはじめとするチーム「eR@sers」が準優勝を果たしました。準優勝したロボットにはセックが開発したRTミドルウェア「人追従システムのためのRTコンポーネント」が使われています。
 ロボカップ@ホームはロボットの個々の機能だけでなく、様々な課題をクリアするための総合力が求められる難易度が高い競技です。RTミドルウェアを活用したプラットフォームを用意することで、競技への新規参入を容易にし、ロボカップ@ホームの普及と更なるレベルアップを目指しています。

ロボカップ@ホーム(セック・ロボットサイト)
http://www.sec.co.jp/robot/robocup.html
人追従システムのためのRTコンポーネント群(セック・ロボットサイト)
http://www.sec.co.jp/robot/download_rtc.html

展示テーマ2: RTMSafety - 機能安全対応RTミドルウェア

 「RTMSafety」は機能安全の国際規格IEC 61508の認証を取得した世界初のロボット用ミドルウェアです。NEDO「次世代ロボット知能化技術開発プロジェクト」の成果として、当社と独立行政法人産業技術総合研究所とで共同開発したもので、高い信頼性や安全性が要求されるロボットの開発において、開発期間の短縮とコストダウンの実現が期待されています。

機能安全対応RTミドルウェア「RTMSafety」
http://www.sec.co.jp/business/rtmsafty/index.html

展示テーマ3: RTM on Android - Android対応RTミドルウェア

 RTM on Android はAndroid上で動作するRTミドルウェアです。NEDOからの委託事業「次世代ロボット知能化技術開発プロジェクト」において、当社が産業技術総合研究所などと共同で開発したもので、ロボットやセンサーがAndroid端末と連携するシステムを迅速かつ安価に作成することを可能にします。RTM on Androidは当社のロボットサイトからダウンロードして利用することが可能です。

RTM on Android(セック・ロボットサイト)
http://www.sec.co.jp/robot/download_rtm.html

関連リンク

産総研オープンラボ2012公式ページ
http://www.aist-openlab.jp/
産総研オープンラボ2012 - OpenRTM-aist
http://www.openrtm.org/openrtm/ja/node/5117

関連ニュース

NEDO「次世代ロボット知能化技術開発プロジェクト」の成果報告会に参加しました
http://www.sec.co.jp/news/20120224.html
ロボティクス・メカトロニクス講演会2011(ROBOMEC 2011 in OKAYAMA)にて、2件の論文を発表します
http://www.sec.co.jp/news/20110526.html
※論文「ロボカップ@ホームのオープンプラットフォーム化」を発表

ニュースリリースに関するお問い合わせ先

広報担当
TEL:03-5491-4770

ひとつ前のページに戻る