HOME
トピック&ニュース

トピック&ニュース

「都市防災セキュリティ展」にてAndroid端末と連携したセキュリティシステムの展示を行います

2011年09月26日
株式会社セック

 株式会社セック(代表取締役社長:秋山逸志)は、財団法人 大阪市都市型産業振興センター(ロボットラボラトリー)の主催する「都市防災セキュリティ展」(2011年9月27日~28日、大阪産業創造館)において、RTミドルウェアとAndroidを活用したセキュリティシステムの展示を行います。

  • 日時: 2011年09月27日(火)~09月28日(水) 10:00~17:00(27日のみ13:00~)
  • 場所: 大阪産業創造館 3階マーケットプラザ
  • 主催: 財団法人 大阪市都市型産業振興センター(ロボットラボラトリー)
  • ※詳細はこちら(http://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=12056)をご覧下さい。

展示内容

システムイメージ

 RTミドルウェア(※用語解説)の活用事例の一つとして、Android端末と連携したロボット型のセキュリティシステムの展示を行います。本セキュリティシステムは、人間などの移動体を捕捉して追跡した画像をAndroid端末に転送したり、逆に、遠隔地からAndroid端末を使ってカメラを操作することができ、遠隔監視を実現します。
 本システムでは、セックで開発したAndroid版のRTミドルウェア(RTM on Android)を使用しています。RTM on Androidを利用することで、Android端末と、ロボット、センサシステムがシームレスに連携することが可能となります。

用語解説:RTミドルウェア

 RTミドルウェアは、ロボットを構成する要素(アクチュエータやセンサなど)やロボットを制御するソフトウェアを、コンポーネントとして部品化するための技術です。RTミドルウェアを利用することで、部品化されたソフトウェアコンポーネントを組み合わせるだけで、多様な機能を持つロボットシステムを容易に構築することができます。RTミドルウェア技術が提唱するソフトウェアコンポーネントのモデルは、2008年4月に国際標準化団体OMG(Object Management Group)にて、「ロボット用ソフトウェアのモジュール化に関する標準仕様」として採択されました。

関連リンク

大阪産業創造館
http://www.sansokan.jp/
RTミドルウェア
http://www.openrtm.org/

ニュースリリースに関するお問い合わせ先

広報担当
TEL:03-5491-4770

ひとつ前のページに戻る