HOME
トピック&ニュース

トピック&ニュース

NEDO技術開発機構「蓄電複合システム化技術開発」の実証事業に参画します

2010年11月10日
株式会社セック

 株式会社セック(代表取締役社長:秋山逸志)は、独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、NEDO技術開発機構)の「蓄電複合システム化技術開発」共同研究委託先に選定されました。
 本実証事業では、分散電源の大量導入を可能にするため、需要側に設置する蓄電池及びその利用技術の開発、蓄電池技術を用いたエネルギーマネジメントシステムの実証、国際展開も視野に入れたシステムとしての評価技術開発、標準化等に取り組みます。
 当社は、平成22年度から3年間、豊田市実証グループのメンバとして、株式会社デンソー、豊田通商株式会社と共に、商用施設用蓄電池付BEMSと商用車、EV/PHVの連携システム研究開発と実証検証に参画いたします。

 当社は、組み込み技術および遠隔制御技術を活かし、本プロジェクトに貢献するとともに、本研究成果を、環境エネルギー分野のビジネス拡大につなげていきたいと考えています。

用語解説:BEMS(Building and Energy Management System)

 BEMSは、ビルの設備や機器を一元的に管理・制御するシステムです。
 業務用ビルや工場のエネルギー設備全体を監視・制御することで、ビル管理の効率化およびエネルギー消費の削減を図ります。

関連リンク

「蓄電複合システム化技術開発」に係る委託先の決定について(NEDO技術開発機構)
https://app3.infoc.nedo.go.jp/informations/koubo/koubo/AT5/nedokoubo.2010-08-25.2923978601/
「蓄電複合システム化技術開発」共同研究予定先及び委託予定先一覧(NEDO技術開発機構)
https://app3.infoc.nedo.go.jp/informations/koubo/koubo/AT5/nedokoubo.2010-08-25.2923978601/84c496fb8907540863a1629e30ea30b930c8.pdf

ニュースリリースに関するお問い合わせ先

広報担当
TEL:03-5491-4770

ひとつ前のページに戻る