HOME
トピック&ニュース

トピック&ニュース

厚生労働省「障害者自立支援機器等研究開発プロジェクト」の実証システムの開発に参画しました

2010年05月26日
株式会社セック

 株式会社セック(代表取締役社長:秋山逸志)は、独立行政法人産業技術総合研究所(以下、産総研)、国立障害者リハビリテーションセンター研究所、株式会社ミサワホーム総合研究所が共同で研究開発を行った厚生労働省の「障害者自立支援機器等研究開発プロジェクト」の実証システムの開発に参画しました。

 この実証システムでは、ロボット用の共通ネットワークプラットフォーム技術であるRTミドルウェアを利用することで、各種の福祉機器を組み合わせ、個々の障害者に合わせた柔軟な住環境モデルが実現できることを示しました。
 当社は、産総研から「プラグアンドプレイ対応RTミドルウェア」および、「住宅設備連携制御ソフトウェア」の2件の開発を受注し、各種福祉機器をRTミドルウェアに対応させ、それらを連係動作させるための制御ソフトウェアの開発を担当いたしました。これらは、当社の得意技術であるRTミドルウェアの開発技術を活かして開発したものです。
 当社は、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構の「基盤ロボット技術活用型オープンイノベーション促進プロジェクト」において、RTミドルウェア技術を活用した人の生活環境のロボット化の研究開発を進めています。このたびの実証システムの開発で得た技術知識や当社の研究開発の成果を活かし、ロボット技術による人の生活支援の実現を目指していきたいと考えています。

用語解説:RTミドルウェア

 RTミドルウェアは、ロボットを構成する要素(アクチュエータやセンサなど)やロボットを制御するソフトウェアを、コンポーネントとして部品化するための技術です。RTミドルウェアを利用することで、部品化されたソフトウェアコンポーネントを組み合わせるだけで、多様な機能を持つロボットシステムを容易に構築することができます。RTミドルウェア技術が提唱するソフトウェアコンポーネントのモデルは、2008年4月に国際標準化団体OMG(Object Management Group)にて、「ロボット用ソフトウェアのモジュール化に関する標準仕様」として採択されました。

関連ニュース

障害者が自立して住みやすい住環境モデルを提示 -障害者が自ら構築できる住みやすい住環境をめざして-(2010.05.26)(産業技術総合研究所)
http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2010/pr20100526/pr20100526.html
NEDO技術開発機構の「基盤ロボット技術活用型オープンイノベーション促進プロジェクト」の委託先に採択されました(2009.01.19)(セック)
http://www.sec.co.jp/news/20090119.html

関連リンク

OpenRTM-aist Official Web Site
http://www.openrtm.org/

ニュースリリースに関するお問い合わせ先

広報担当
TEL:03-5491-4770

ひとつ前のページに戻る