HOME
トピック&ニュース

トピック&ニュース

KDDI株式会社の新サービス「KDDI Business Outlook」の開発に参画しました

2008年07月10日
株式会社セック

 株式会社セック(代表取締役社長:秋山逸志)は、KDDI株式会社が提供するサービス「KDDI Business Outlook」の開発に参画しました。

  • KDDI Business Outlook
    「KDDI Business Outlook」は、PCおよびau携帯電話の双方から、シームレスに利用可能なビジネスコミュニケーションウェアです。スケジューラやアドレス帳などお客さまのビジネスに必要不可欠なコミュニケーションツールを簡単にご利用いただけます。設備を用意することなく利用が可能になるSaaS型アプリケーションサービスであるため、初期導入費用やランニングコストを抑えることが可能です。
  • Saasソリューション
    ※SaaS (Software as a Service) とは、情報システム (ソフトウエア) が提供する機能 (サービス) を、システムを構築することなく、ネットワーク経由で利用することを可能にする活用環境です。

 当社は本システム開発において、「携帯電話で利用するEZアプリ(BREW®)」「センターに設置する携帯電話連携サーバアプリケーション」の開発を担当いたしました。それぞれ、当社の強みである「携帯電話などのエンベデッドソフトウェア」と「ワークステーションやパソコンなどの技術アプリケーション」の開発技術を活かして開発したものです。

システム構成図
  • (1) 携帯電話連携サーバアプリケーション
    EZアプリ(BREW®)からOutlookのデータを取り扱い可能とするために、データ変換や認証等の仲介を行う、ゲートウェイサーバに搭載するアプリケーションです。
  • (2) EZアプリ(BREW®)
    Outlookのデータを携帯電話上で扱うためのアプリケーションです。

商標など

  • ※ Microsoft®Outlook®は米国Microsoft Corporationの米国およびそのほかの国における登録商標または商標です。
  • ※「BREW®」および「BREW®」に関連する商標はQualcomm社の商標または登録商標です。

関連リンク

KDDI株式会社
http://www.kddi.com/index.html

ニュースリリースに関するお問い合わせ先

広報担当
TEL:03-5491-4770

ひとつ前のページに戻る