HOME
トピック&ニュース

トピック&ニュース

超高速インメモリXMLデータベース「Karearea」、Linux対応の新バージョン発売開始

2007年09月20日
株式会社セック

 株式会社セック(代表取締役社長:秋山逸志)は、超高速インメモリXML(eXtensible Markup Language)データベース「Karearea(カレアレア)」のLinux対応を実施し、「Karearea V2.0」として、本日、9月20日より販売を開始いたしました。

 製品概要:http://www.sec.co.jp/business/karearea/

 「Karearea」は、情報社会とともに増大していくデータをZero Latency(ゼロ・レイテンシー:システムが限りなく瞬時に反応し利用者が待たされないこと)で処理することを目指して開発いたしました。柔軟性・拡張性を持つXMLデータに特化し、検索のみでなく、ソートや多次元集計においても、高速処理を実現しています。2002年の販売開始以来、研究機関を中心に、メーカー、放送業界、官公庁等さまざまな分野でご利用いただいています。
 近年、メモリ価格の低下と64bitマシンの普及により、インメモリデータベースがより大きな注目を集め、今後も関連市場は拡大傾向にあります。そこで、従来のWindows、Solarisに加え、ご要望の多かったLinux対応の新バージョンを開発いたしました。これにより、比較的安価かつ容易なシステムの導入を実現し、より多くのシーンでご活用いただくことが可能となりました。なお、「Karearea V2.0」は、株式会社ターボデータラボラトリーの新エンジン「DAYDA.LabooII(デイダラボーII)」を搭載しています。価格は、従来通り最小構成で100万円よりご用意しています。

 株式会社セックは、今後もKareareaをはじめとするリアルタイムソリューションのご提供、および、これらを活用したリアルタイムソフトウェア開発により、ユビキタス社会に貢献してまいります。

Karearea V2.0 動作環境

対応OSRed Hat Enterprise Linux AS 4
CPUx64
メモリ256MB 以上推奨
HDD20MB 以上の空き
Java環境JDK 5.0以上

関連リンク

株式会社ターボデータラボラトリー
http://www.turbo-data.co.jp/

製品に関するお問い合わせ先

開発本部 プロダクトビジネス推進部(Karearea担当)

ニュースリリースに関するお問い合わせ先

広報担当
TEL:03-5491-4770

ひとつ前のページに戻る