HOME
トピック&ニュース

トピック&ニュース

RSi技術とRTミドルウェア技術の相互利用に向けた活動成果を「第25回日本ロボット学会学術講演会」で発表します

2007年08月29日
株式会社セック

 株式会社セック(代表取締役社長:秋山逸志)は、日本ロボット学会主催の「第25回日本ロボット学会学術講演会」(2007年9月13日~15日、千葉工業大学津田沼キャンパス)のオーガナイズドセッション「ロボットサービスイニシアチブ(RSi)によるロボットサービス」において、RSi技術とRTミドルウェア技術の相互利用に向けた活動成果について、「RSiとRTミドルウェアの連携について」と題して、RSiを代表して講演を行います。

 独立行政法人 産業技術総合研究所(理事長:吉川弘之) 知能システム研究部門(部門長:平井成興)とRSi(代表:内山隆 株式会社富士通研究所取締役)は、ネットワークロボット分野において協力し、それぞれが推進しているロボット用ソフトウェア技術の相互接続を図ることに合意しました。RSi技術とRTミドルウェア技術の相互利用は、次世代ロボット市場を拓くために独立して活動していた国内の標準化推進団体の連携の第一歩となるものであり、互いの技術の相互接続性を高めることにより、それぞれが開発してきた製品やサービスを互いに利用することが可能となります。これにより、家庭や職場内へのロボット技術の導入を期待する一般ユーザーの利便性を高めて選択肢を拡大させることで、萌芽期にある次世代ロボット市場の開拓が加速されることが期待されます。

 当社は、研究開発のテーマとして、ロボット用ソフトウェアの標準化技術である、RSi技術とRTミドルウエア技術に注力しております。今回の両技術の相互利用に向けた活動にもRSiの会員として参画し、相互接続のための技術仕様の検討や、RTミドルウェア技術を利用したロボット部品とRSi技術が提供するロボットサービスを連携させた次世代のロボットサービスの提案などを行っております。

 当社は、今後もロボット用ソフトウェアの標準化技術に注力していくとともに、それらを活用し、ロボット分野のビジネス化に向けた取り組みを進めてまいります。

ロボットサービスイニシアチブ(RSi)

 RSiは、パーソナルロボットによる通信ネットワークを活用した魅力あるサービス(ロボットサービス)を簡単かつ便利に利用できる社会を目指し、相互運用性のあるロボットサービスについて関連団体と協力・連携しながら仕様の作成・公開、実証実験、普及促進を行うことを目的に設立された団体です。株式会社セックは、RSiが設立された 2004年5月から会員となり、平成18年度からは、非常任幹事として活動しています。 RSiでは、ネットワークを介してロボットが提供する情報サービス、もしくは物理的サービスにおける情報交換の手続き、通信・制御方式について、RSiプロトコル仕様として規定しています。2006年10月には、RSiプロトコル仕様の第1版を公開しました。

RTミドルウェア

 RT(Robot Technology)ミドルウェアは、ロボットを構成する要素(アクチュエータやセンサなど)やロボットを制御するソフトウェアを、コンポーネントとして部品化するための技術です。RTミドルウェアを利用することで、部品化されたソフトウェアコンポーネントを組み合わせるだけで、多様な機能を持つロボットシステムを容易に構築することができます。RTミドルウェア技術が提唱するソフトウェアコンポーネントのモデルは、国際的なソフトウェア技術の標準化団体であるOMG(Object Management Group)において、ロボット用ミドルウエアの国際標準化仕様原案として、2006年10月に採択されました。

関連資料

関連リンク

ロボットサービスイニシアチブ(RSi)
http://www.robotservices.org/
独立行政法人 産業技術総合研究所 知能システム研究部門
http://unit.aist.go.jp/is/ci/index_j.html
OpenRTM-aist Official Web Site
http://www.openrtm.org/
日本ロボット工業会(JARA)
http://www.jara.jp/
第25回日本ロボット学会学術講演会
http://www.robotics.it-chiba.ac.jp/RSJ2007/

関連ニュース

ロボットサービスイニシアチブ(RSi)が公開した、ネットワークを活用したロボットサービスの仕様の策定、定常的な実験運用開始に協力しました
http://www.sec.co.jp/news/20061023_3.html

ニュースリリースに関するお問い合わせ先

広報担当
TEL:03-5491-4770

ひとつ前のページに戻る