HOME
トピック&ニュース

トピック&ニュース

ロボットサービスイニシアチブ(RSi)が公開した、ネットワークを活用したロボットサービスの仕様の策定、定常的な実験運用開始に協力しました

2006年10月23日
株式会社セック

 株式会社セック(代表取締役社長:秋山逸志)は、本日仕様公開された、ネットワークを活用したロボットサービスのためのRSiプロトコル仕様書(*1) v1.0の策定、および定常的な実験運用(*2)開始に、RSi会員として協力しました。ロボットサービスイニシアチブ(RSi)は、パーソナルロボットによる通信ネットワークを活用した魅力あるサービス(ロボットサービス)を簡単かつ便利に利用できる社会を目指し、相互運用性のあるロボットサービスについて関連団体と協力・連携しながら仕様の作成・公開、実証実験、普及促進を行うことを目的に設立された団体です。株式会社セックは、RSiが設立された2004年5月から会員となり、平成18年度からは、非常任幹事として活動しています。

 セックは、RSiの他、ORiN協議会、および、RTミドルウェア関連の検討委員会に参加し、各種仕様への提案、ロボットソフトウェアの標準化を目指した活動、これらを使った研究開発に取り組んでいます。今後もセックは、ロボットにフォーカスをあて、更なるビジネスの拡大を目指して参ります。

  • *1 ロボットサービスのためのRSiプロトコル仕様書
    今回策定した仕様を用いることにより、ロボットのユーザに対して、パーソナルロボットとコンテンツを自在に組み合わせたロボットサービスを提供することができるようになります。この仕様で規定される内容は、ロボットとサービスを結ぶ基本的な機能のほか、ロボットの動きの制御、画像・音声のやり取り、情報・コンテンツの提供の仕組みを含んでいます。
  • *2 定常的な実験運用
    RSi会員向けのサービスとして、RSi会員である日本気象協会、お天気.comの協力のもと、気象情報とそれに付随する各種お天気指数や体感情報をロボットサービスの定常的な実験サービスとして提供します。これらの情報を受け取ったパーソナルロボットは、それぞれのロボットの機能を駆使して最新の気象情報を人々へ伝えていくことが可能となります。今後は、レシピやニュース、防災など、提供する情報のレパートリーを増やしていく予定です。

関連リンク

RSi
http://www.robotservices.org/
日本ロボット工業会(JARA)
http://www.jara.jp/
ORiN協議会
http://www.orin.jp/
RTミドルウェア
http://www.openrtm.org/

ニュースリリースに関するお問い合わせ先

広報担当
TEL:03-5491-4770

ひとつ前のページに戻る