HOME
トピック&ニュース

トピック&ニュース

「SYSTEM CONTROL FAIR 2005」「2005国際ロボット展」向けにORiN協議会の展示用デモシステムを共同開発しました

2005年11月14日
株式会社セック

 株式会社セック(代表取締役社長:矢野恭一)は、ORiN協議会が出展する「SYSTEM CONTROL FAIR 2005」および「2005国際ロボット展」向けに、展示用デモシステムを他の協議会メンバと共同で開発しました。
 本展示では、「Open Networkコラボレーション」と題して、規格の異なる複数のFAネットワークをORiN(Open Robot/Resource interface for the Network)を利用して相互に接続し、工場内での自由なFAネットワークの組み合わせの可能性を実証します。
 セックは、各FAネットワークの相互連携を実現する、ORiNを利用した制御アプリケーショ ンを開発しました。

 FA(Factory Automation)で利用される各種機器を接続するためのネットワークの規格は、地域や業界によって複数種類が存在し、工場内でそれらを組み合わせて利用することはコスト的な面から困難であり、結果的に各FAネットワークは孤立して存在することが少なくありません。
 これらを相互に接続することができれば、自他のネットワークを意識することなく、接続された任意の機器に自由にアクセスできるようになります。
 ユーザにとっては、用途に最適なFAネットワーク規格を自由に選定可能になり、選定負荷が軽減され、各FAネットワーク規格の採用促進へとつながります。
 また、各FAネットワーク同士の関係は、競合関係から協調関係へと発展することになり、さらなるコラボレーションを促進し、業界全体の活性化へつながるものと期待されます。

 ORiN(Open Robot/Resource interface for the Network)は、ネットワーク環境に接続されたメーカーや機種も異なる産業用機器やハードウェア/ソフトウェアデバイスなどに対して、統一的なアクセス手段を提供するためのインタフェース仕様です。
 ORiNを利用することで、産業用ロボットを始めとする各種のロボットやその他のリソースを、メーカー、機種を超えて広く利用することが可能となり、より高度なアプリケーションを構築することができるようになります。

 セックは、ORiN協議会のメンバとして、ソフトウェア開発の視点から、産業用機器以外への適用も含め、広くORiNの活用と普及を目指して活動しています。
 今後もセックは、ORiNをはじめとするロボットテクノロジーにフォーカスをあて、更なるビジネスの拡大を目指して参ります。

 皆様のご来場を心よりお待ちしております。

  • ・ SYSTEM CONTROL FAIR 2005
    • 期間:2005年11月15日(火)~2005年11月18日(金)(10:00~17:00)
    • 会場:東京ビッグサイト(国際展示場)ORiN協議会ブース 西2ホール 2-15
  • ・ 2005国際ロボット展
    • 期間:2005年11月30日(水)~2005年12月03日(土)(10:00~17:00、最終日は16:30まで)
    • 会場:東京ビッグサイト(国際展示場)ORiN協議会ブース 東1ホール IR1-45
  • ORiN協議会
  • 日本ロボット工業会(JARA)

ひとつ前のページに戻る