HOME
トピック&ニュース

トピック&ニュース

位置情報サービス(LBS)プラットフォーム「 airLook 」を発売しました

2005年10月07日
株式会社セック

 株式会社セック(代表取締役社長:矢野 恭一)は、移動体の位置情報をリアルタイムに活用するLBS(位置情報サービス)プラットフォーム「airLook(エアルック)」を開発し、販売を開始いたしました。

 製品概要:http://www.sec.co.jp/business/airlook/

 昨今まで、自動車、航空、船舶などでのみ利用されていたGPS(Global Positioning System)測位技術は、GPS機能を搭載した携帯電話やモバイル端末用GPSカードなどに搭載され、個々人が自分の位置を手軽に確認することができるようになりました。特に携帯電話を使うことで、自分の位置(情報)に、その座標だけでなく、文字情報やカメラで撮影した画像等の付加価値を加えることが可能になりました。
 このような環境変化から、物流管理だけでなく、児童や老人の安全確認、外勤営業マンのルート支援、災害情報の収集、観光情報の収集、位置情報を付加したスポーツ情報の提供といった様々な位置情報サービス(注1)が実現されるようになってきました。

 「airLook」は、位置情報の収集、分析、表示、再配信を行うサーバモジュールと、移動体から位置情報(位置、文字列情報、画像)を発信する(注2)クライアントモジュールとで構成され、移動体の軌跡管理や移動体間の情報共有など様々なニーズにこたえる柔軟性の高い開発プラットフォームです。さらに、同梱の管理WEBアプリケーション、情報表示サンプルアプリケーションを利用すれば、すぐにでも位置情報管理ツールとしてご利用いただけます。

 当社は、「airLook」のみの販売にとどまらず、同製品を使ったシステム構築全般を手がけるとともに、以下のパートナー様(50音順)のご協力を得ることで、魅力あるサービスの提供をご提案してまいります。

イメージ図

(注1)位置情報サービス(Location Based Services)
空間情報(緯度経度座標、局所的な位置座標、形状)と、それに紐付けられる物体、文字、画像、時間などをまとめ位置情報とし、地図や周辺の位置情報とともに様々に活用するサービスです。
最近では、コンテンツも含め、LBCS(Location Based Contents & Services)と総称することもあります。
(注2)位置情報発信
位置情報の発信方法には、移動体から定期的に発信する「定期発信」、GPS端末を持つユーザが意図的に発信する「能動発信」、サーバからの位置情報要求を受けて発信する「受動発信」の3パターンを用意しています。

ニュースリリースに関するお問い合わせ先

広報担当
TEL:03-5491-4770
airLookイメージ図:人の安全確保、防災、営業員ルート支援、バスロケーションなど
 

製品に関するお問い合わせ先

開発本部 プロダクトビジネス推進部(airLook担当)
TEL:03-5491-4770

ひとつ前のページに戻る