HOME
トピック&ニュース

トピック&ニュース

「2004ORiNミーティング」にて、宇宙機開発における活用事例の紹介を行いました

2004年08月31日
株式会社セック

 株式会社セック(代表取締役社長:矢野恭一)は、2004年8月27日に機械振興会館で開催されました「2004ORiNミーティング」において、ORiNの活用事例紹介を行いました(「2004ORiNミーティング」報告は、後日、ORiN協議会ホームページに掲載される予定です)。
 ORiN(Open Resource Interface for the Network/Open Robot Interface for the Network)は、ネットワーク環境において異なるメーカーや機種を超え、産業用ロボットを始めとする産業用機器への統一的なアクセス手段を提供するインタフェースです。ORiN協議会は、ORiNの普及、管理を目的として2002年10月に発足した組織であり、ORiNミーティングは、その年間の活動及び活動計画を報告する場として設けられています。
 セックは、ORiN協議会に技術委員会メンバとして参加し、メンバ唯一のソフト会社として、ソフトウェアの視点から、産業用機器以外への適用も含め、広くORiNの活用と普及を目指して活動しています。

  • (注)ORiN協議会は、日本ロボット工業会に事務局を置き、会の主旨に賛同する法人、個人から構成されます。会員資格のうち、特別会員は日本ロボット工業会の正会員、賛助会員のみから構成されます。セックは特別会員として、活動しています。

ひとつ前のページに戻る