HOME
トピック&ニュース

トピック&ニュース

「オブジェクト指向設計技術の宇宙機シミュレーション技術への適用性研究支援」業務を宇宙開発事業団様より受注しました

2002年11月27日
株式会社セック

 SECはこのたび、宇宙開発事業団(NASDA)様から「オブジェクト指向設計技術の宇宙機シミュレーション技術への適用性研究支援」業務を受注しました。
 本業務は宇宙開発事業団 技術研究本部 システム解析・ソフトウェア研究開発センターが実施する宇宙機シミュレーション環境へのオブジェクト指向設計技術の適用性研究に関し、宇宙機モデルの移植性、システム基本機能の検討などを支援するものです。  SECは本業務についてRFP公開競争入札に参加し、落札いたしました。

 SECは1971年の「固体燃料ロケットエンジン高空性能試験システム」以来、ロケット発射システム、宇宙衛星、電波望遠鏡、宇宙ステーションと、宇宙開発分野のシステム開発に幅広く携わってきました。また、オブジェクト指向設計技術を早期から宇宙分野システム開発へ適用し、ノウハウを蓄積してきました。
 この度の受注は、SECの長年に渡る宇宙分野の開発実績、経験とオブジェクト指向設計開発に関する技術力を認めていただいた結果といえます。

宇宙開発事業団ホームページ(現JAXA)

ひとつ前のページに戻る