HOME
環境方針

環境方針

環境理念・方針

2018年04月01日
株式会社セック
代表取締役社長 秋山逸志

環境理念

 株式会社セックは、「将来の世代のニーズを損ねることのない持続可能な社会の実現」を重要経営課題のひとつとして捉えます。
 そして、企業活動と持続可能性の調和を目指して、全社員が環境、社会および経済のバランスの問題に積極的に取り組み、この取り組みを継続的に改善していきます。また情報通信技術の活用で持続可能な開発(Sustainable Development Goals)を実現することで、社会の安全と発展に貢献し、ソフトウエア業としての社会的責任を果たします。

環境方針

  • 1. 環境関連法規の遵守
    事業活動にあたって、法規制、条例およびその他の要求事項を遵守します。
  • 2. 有害な環境影響の防止または緩和と、有益な環境影響の増大
    事業活動にあたって、有害な環境影響を防止または緩和することによって、環境を保護します。また、有益な環境影響を増大する機会を捉えて、環境の改善に貢献します。
  • 3. 環境マネジメントシステムの構築、運用、改善
    事業活動、製品・サービスの性質、規模および環境影響に対して適切な環境マネジメントシステムを構築します。
    本環境方針に沿って、環境目的・環境目標を具体的に設定し、運用し、評価し、レビューを実施して、環境活動ならびに環境マネジメントシステムの継続的な改善に努めます。
  • 4. 環境方針の周知と公開
    環境教育・周知活動を推進し、全役員、全従業員、ビジネスパートナーの環境意識の向上を図るとともに、環境方針を社外に公開します。