HOME
開発分野・事業領域
Karearea - 超高速インメモリXMLデータベース

Karearea - 超高速インメモリXMLデータベース

超高速な検索・集計・ソートを可能にする
インメモリXMLデータベース製品

※本製品は2016年3月末をもって、販売を終了しました。

 Karearea(カレアレア)は、超高速な検索・集計・ソートが可能なインメモリXMLデータベース製品で、「速さ」「軽さ」「容易さ」という3つの特徴を持っています。大量のXMLデータを高速に処理する必要がある分野に適しており、科学衛星の膨大な観測データを検索するサイエンスデータベースシステム、XML特許統計サービス、放送局の番組視聴率集計システムなどに採用されています。

Kareareaのご紹介

 Kareareaは、XMLデータベースとしての柔軟性とインメモリデータベースとしての高速性を兼ね備えた製品です。検索だけでなく、多次元集計の高速処理も実現し、数値データ処理にも有効です。
 KareareaのXMLデータベースには、標準装備のGUIツール「Karearea Manager」からのアクセスと「Karearea Java API」を用いたアプリケーションからのアクセスが可能です。生産性の高い「Karearea Java API」とXML技術の利用により、短期間で効率的なシステム開発が可能です。

資料

サポート